/

この記事は会員限定です

量子計算、日本も戦える 中村泰信氏

[有料会員限定]

現在、テクノロジーの最先端を走るのは米中の2強だ。日本は輝きを取り戻せるのか。鍵を握る一人が「日の丸量子コンピューター」の開発をけん引する中村泰信氏だ。

「新たなブレークスルーを生み出したい」。静かな語り口の中に熱がこもる。4月に発足した理化学研究所の量子コンピュータ研究センターの責任者に就き、富士通など産業界も含め総勢120人の研究部隊を率いる。

「夢の技術」といわれた量子コンピューターの開発に20年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り673文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン