/

この記事は会員限定です

法人税課税15年で4回 ソフトバンクG、識者の見方は

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)に法人税が課されたのが過去15年で4回だったことが、日本経済新聞社の取材でわかった。ソフトバンクなど傘下の事業会社は年間数千億円の法人税を支払う年もあるが、持ち株会社のSBG単体に課せられる法人税はゼロの年も続くなど極めて少ない状態だ。税負担が軽い背景や日本の税制の課題について、専門家に聞いた。

「庶民感覚とズレ、税制に見直し余地」 筑波大学教授 本田光宏氏

――S...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2245文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません