/

この記事は会員限定です

三菱地所、バイオマス発電参入 事業費300億円で10カ所

2022年度に売電開始

[有料会員限定]

三菱地所はバイオマス発電事業に参入する。総事業費300億円超で、国内に10カ所以上の発電所を設ける計画だ。静岡ガス系などと共同で発電所をつくり、2022年度から電力小売会社への売電を始める。将来は発電所からオフィスビルなど自社物件に直接送電することも検討する。環境経営の一環として計画を進める。

静岡ガスの全額出資子会社、静岡ガス&パワー(静岡県富士市)や再生可能エネルギー事業を手掛けるプロスペックAZ(名古屋市)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り646文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン