/

テックボウル1.3億円調達 エンジニアのスキル向上支援

Tech Bowl(テックボウル、東京・港)はこのほど博報堂DYベンチャーズやD4Vなどから1億3000万円を調達した。同社はエンジニア向けにスキルアップのためのオンライン学習サービスを提供する。調達した資金を使って宣伝活動や、サービスの機能開発を進める。

テックボウルは自社で作成した練習問題や、協業するIT(情報技術)企業の例題を学習コンテンツとして提供する。書籍レビューアプリや履歴書管理アプリの作成など実践的な内容が特徴だ。現在4000人ほどが利用しており、1年後には1万人程度に引き上げる考え。

同社と協業するIT企業で働く高いスキルを持ったエンジニアにキャリア相談や、例題の回答へのフィードバックなどをもらえる機会も用意する。開発現場で活躍できるスキルの獲得を後押しする。

IT企業から例題の掲載費用や受講者を紹介したときの手数料を徴収するビジネスモデルで、200社程度と取引がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン