/

東急不動産、モデルルームを3Dで再現 遠隔商談に活用

東急不動産は販売中のマンションのモデルルームを3次元(3D)で再現し、オンライン上で確認できる機能をこのほど導入した。3D空間を自由に移動したり、家具を配置したりすることができ、オンラインでの商談に使用する。デジタル空間に現実世界を再現する「デジタルツイン」を活用し、マンション販売のデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める。

第1弾として東京・文京の分譲マンション向けにこのほど導入した。デジタルツインを活用してモデルルームを再現し、部屋の中を歩き回るように見学できる。昼間や夜間の部屋のイメージをそれぞれ確認できるほか、家具の表示・非表示ができるようにするなど、現場でのモデルルーム見学とは違う付加価値を加えた。

販売員がアプリを操作してオンラインの商談を進める。使い勝手や顧客からの評価を検証した上で、今後も他の分譲マンションでの導入を進めていく。新型コロナウイルス禍で対面での商談がしにくくなっており、オンラインツールを活用する。

不動産業界では賃貸物件を中心に、仮想現実(VR)で見学できるサービスが広まっている。今回はデジタル空間で部屋を3Dで再現することにより、体感的な広さや間取りなどを分かりやすくしたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン