/

昭和産業、ハッピーターン味の唐揚げ粉 亀田製菓が監修

昭和産業は24日、亀田製菓の米菓「ハッピーターン」味の唐揚げ粉を9月1日から発売すると発表した。米菓外側にまぶす甘じょっぱい粉「ハッピーパウダー」は使っていないが、亀田製菓の監修で米粉の配合などを調整してハッピーターンの味を再現。鶏肉に唐揚げ粉をまぶして揚げれば、衣から「ハッピーターン」の甘じょっぱい味わいを感じられるという。おつまみやパーティーなどの食シーンを想定する。

「ハッピーターン味から揚げ粉」は、2021年から始まった昭和産業の「新商品開発アイデアコンテスト」から生まれた商品だ。家庭用の商品を取り扱う営業社員が「こんな商品を売りたい」というアイデアを競い合い、50人ほどがおよそ120件を提案。そのなかで最も早く商品化にこぎ着けたという。希望小売価格は税込み173円。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません