/

この記事は会員限定です

マツダCX-60、「エンジン以外」を支えた部品会社の技術

[有料会員限定]

マツダの成長を左右する上級多目的スポーツ車(SUV)「ラージ商品群」。その第1弾として、同社が9月に販売を開始したのが「CX-60」である。取材を進めると、安心・安全の新機能向けの部品を供給するサプライヤーが分かってきた。

「プラットフォームとパワートレーンは、クルマの『人馬一体』の走りを実現する肝となる部分。だから、自分たちでコントロールすべき部品だと思う。ただ、何から何までマツダ独自でできる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1618文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません