/

スバル、「レヴォーグ」と「WRX S4」の一部車種値上げ

SUBARU(スバル)は24日、国内主力ワゴン「レヴォーグ」とスポーツセダン「WRX S4」の一部改良に合わせ、上級モデルの価格を同日から5万5000円上げたと発表した。値上げ幅は約1.2~1.5%。

レヴォーグの上級モデル「STIスポーツ」など4種類は価格を376万2000~482万9000円にした。WRX S4も上級モデル「STIスポーツR」など2種類の価格を444万4000~482万9000円とした。内外装やエンジンに大きな変更はなく、ほぼ純粋な値上げとなる。

レヴォーグの廉価モデルの「GT」など4種類は310万2000~370万7000円と据え置いた。WRX S4も廉価モデルの「GT-H」など2種類は400万4000~438万9000円と価格を維持する。スバルは「他社や顧客の動向を見ながら慎重に判断した」とコメントした。

高騰する原材料価格を転嫁する。スバルは5月時点で原材料高による減益要因を今期に1042億円と見込んでいたが、11月2日の決算で1324億円に拡大する見通しを示した。スバルの水間克之最高財務責任者(CFO)は同日の記者会見で「鉄やアルミ、銅などの原料高の影響が膨らんでいる」と説明していた。

国内自動車メーカーは国内モデルを相次いで値上げしている。日産自動車は高級セダン「スカイライン」を10月末から値上げした。三菱自動車は8月、ミニバン「デリカD:5」などを約2%値上げしている。マツダも主力車種で値上げに踏み切った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

値上げラッシュ

原材料価格や物流費の高騰を受け、食品・サービスなど幅広い分野で値上げの動きが広がっています。最新の記事をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません