/

この記事は会員限定です

グループ通算制度、子会社売却時の負担増に懸念

変わる企業税制㊦

[有料会員限定]

グループ通算制度は連結納税制度に比べ企業にデメリットとなる可能性のあるルール変更も含まれている。経済界が問題視するのが子会社を売る際の税金の計算方法だ。プレミアムを付けて買った子会社をその後売る際、安値売却でも税負担が生じるケースがある。

「税負担が増えかねない。所要の見直しを検討すべきだ」(経団連)「M&A(合併・買収)や機動的な事業再編を阻害するおそれがある」(日本公認会計士協会)――。202...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1107文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン