/

この記事は会員限定です

コロナ禍で洗面所どう変わる? TOTO清田社長に聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍のなかで洗面所やトイレなどの水回り品が伸びている。TOTOでは新築だけでなくリフォーム需要も取り込み、蛇口に手をかざして水が出る自動水栓など非接触型商品の販売台数が2020年度に前年度の1.5倍に増えた。背景にあるものは何か。清田徳明社長に聞いた。

――水回り品が伸びているのはなぜですか。

「コロナ禍で人々の衛生意識が高まったことがある。トイレでも便座の蓋が自動で開閉する商品や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン