/

この記事は会員限定です

企業、営業継続範囲を見極めも 4都府県に緊急事態

[有料会員限定]

3度目の緊急事態宣言が25日から東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に適用される。大型商業施設などの休業を求める強力な措置は昨春の1度目の宣言以来だ。企業はこの間、感染予防策を強化してきた。経済的な打撃を少しでも小さくするため、要請の内容を見極め、ギリギリの範囲で営業継続を模索する動きもある。

三越伊勢丹ホールディングスは25日から伊勢丹新宿本店(東京・新宿)など都内4店舗で食品や化粧品のほか、メガネなど生活関連品の売り場を除...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り824文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン