/

この記事は会員限定です

ESGで泡立つ低アル・微アル 酒類会社への投資岐路

[有料会員限定]

企業の環境・社会問題への対応などを考慮するESG(環境・社会・企業統治)投資が広がるなか、酒類メーカーが「低アルコール化」を進めている。過剰な飲酒の問題が社会的に注目されており、ESGの観点から酒類メーカーが投資対象から外される懸念も強まる。新型コロナウイルス禍で消費者の健康への関心も高まっており、酒類メーカーが対応を急いでいる。

「キリンは発酵バイオテクノロジーの会社」

「アルコールを売るだけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン