/

中国製の50万円EV、日本の展示会に 販売予定なし

宏光MINI EVの外観は日本の軽自動車のような印象だ(撮影:日経クロステック)
日経クロステック

中国で発売されて大ヒットを記録している電気自動車(EV)の「宏光MINI EV」が日本にやってきた。23~25日に都内で開催中のエレクトロニクス/メカトロニクスの専門展示会「TECHNO-FRONTIER 2021」に出品されている。

同車は米ゼネラル・モーターズ(GM)などが出資する上汽通用五菱汽車が製造したEVである。下位グレードの価格が50万円を切るとともに、中国でも販売好調な米テスラのセダン型EV「モデル3」よりも、月間の販売台数で上回ったことで注目を集めている。

ボンネットを開いたところ。手前に見えるアルミの箱が車載充電器だろう。展示では確認できなかったが、電池パックは車両の底面、モーターとインバータ―は後輪の間付近にあると推測される(撮影:日経クロステック)

2020年7月に発売した同車は、同年末までに約12万台を売り上げる大ヒットになっている。世界の21年の年間EV販売台数でもテスラのモデル3に次ぐ2位に付ける。人気の理由は価格にあり、下位グレードは2万8800元(約49万円)と50万円を切る。最上級グレードでも3万8800元(約66万円)だ。車両は全長2917×全幅1493×全高1621ミリメートルの4人乗り。1回の充電の航続距離はNEDC(新欧州ドライビングサイクル)モードで120キロメートルと170キロメートル。

同展示会で披露された宏光MINI EVは、主催者の日本能率協会が中国から船舶で搬入したという。現在のところ同車が日本で販売される予定はない。

(日経クロステック/日経エレクトロニクス 土屋丈太)

[日経クロステック 2021年6月23日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン