/

この記事は会員限定です

漁協「独占」に待った 国が新指針、直販制限など問題視

[有料会員限定]

漁協の行きすぎた「独占」にメスが入ろうとしている。水産庁はこのほど「水産物・水産加工品の適正取引推進ガイドライン」を公表した。漁業者による直販に対する漁協の妨害事例などを問題視。独占禁止法に違反する恐れがあるとして是正を求める。専門家は「当局が取り締まりを強化する可能性がある」とみる。

止められた直販

「漁協は出るくいを打つ文化が強い。信用できない」。東北地方のある漁師は語気を強める。今春、イカな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り936文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン