/

この記事は会員限定です

ANAとJAL、貨物でしのぐ 就航先増やLCC活用

[有料会員限定]

航空事業の貨物依存が鮮明になってきた。旅客需要の回復は鈍い一方、貨物は世界的なコンテナ不足による海上輸送からの切り替えなどで量、単価とも上昇が続く。ANAホールディングス(HD)は専用便の就航先を増やす。連結業績の黒字化は旅客需要の回復が前提となるが、安定した収益源として貨物の事業成長を急ぐ。

「米国や欧州向けが多く、特に自動車関連の比率が高い」。ANAHD傘下の貨物事業会社、ANAカーゴの外山俊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン