/

ANA、国内12路線減便 観光路線は増強も

航空各社は24日、2021年冬期(21年10月31日~22年3月26日)の運航計画を発表した。国内線では全日本空輸(ANA)が羽田空港と富山、広島空港を結ぶ路線など国内12路線を減便する一方、観光需要の高い4路線の一部運航を傘下の格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)に移管。日本航空(JAL)も4路線を減便する一方、沖縄方面など観光需要の高い6路線を増便する。新型コロナウイルスの影響長期化で主力のビジネス客回復が見えない中、観光路線を増やす動きが一段と進む。

ANAは羽田―富山線を1日4往復から3往復に、羽田―広島線を1日9往復から8往復に減らす。ビジネス客の需要減や新幹線との競合など総合的な需要を勘案した。一方、羽田と新千歳、福岡空港を結ぶ路線などは需要の回復が早いとみて増便する。減便する12路線のうち、観光需要の高い路線の運航をピーチに移す。中部国際空港と新千歳、那覇空港を結ぶ路線や、福岡と那覇、石垣空港を結ぶ路線が対象。移管により、浮いた機材は需要が旺盛な貨物輸送に活用する。

JALは成田空港と伊丹空港を結ぶ路線など4路線を減便する一方、伊丹と那覇、熊本空港を結ぶ路線など6路線は増便する。「観光需要の高い路線を増便対象とした」(同社)

一方で、新型コロナの感染長期化で、各社の収益源であるビジネス客主体の国際線の回復は見通せない。ANAは同日、国際線で羽田とサンノゼ、ストックホルムなどを結ぶ5路線の開設は引き続き延期するとした。国際線の需要は依然、コロナ前の1割程度の水準にとどまる。回復が遅れれば、路線網のさらなる見直しも予想される。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン