/

この記事は会員限定です

日立、筑波大にがん治療システム PFIで137億円

[有料会員限定]

日立製作所は筑波大学から放射線によるがん治療法の一つである陽子線がん治療システムの整備・運営事業を受注したと発表した。民間資金を活用して公共施設を運営するPFI方式を活用し、受注額は137億円になる。2025年に治療を始め、日立は20年間、運営を支援する。

陽子線がん治療は水素の原子核を加速器で加速させて腫瘍に照射する治療法で、治療による痛みや副作用が小さいとされている。日立は加速器など治療システム一式と、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン