/

大手建設コンサルにサイバー攻撃 公共事業情報流出か

日経クロステック

大手建設コンサルタント会社のオリエンタルコンサルタンツ(東京・渋谷)は20日、同社を含むグループ会社の複数のサーバーがランサムウエア(身代金要求型ウイルス)による攻撃を受けたと発表した。

サーバーに保管されていた業務関連データなどの多くが暗号化され、外部に流出した可能性があるという。同社グループに業務委託していた千葉県市川市は同日、業務委託に関連したデータが流出した可能性があると発表した。

ランサムウエアによる攻撃は15日と19日の2回にわたって受けた。オリエンタルコンサルタンツは被害拡大防止のため、外部専門家の助言に基づいてサーバーをシャットダウンした。対策本部を設置し、復旧に向けた調査を進めている。

市川市は17日に電話とメールでオリエンタルコンサルタンツ側からサイバー攻撃を受けた事実の連絡を受けた。オリエンタルコンサルタンツへの業務委託に関係し、流出した可能性のあるデータには、公園などの測量データ、観光振興ビジョン策定業務に関わるワークショップの参加者一覧などといったデータがあるとしている。

(日経クロステック/日経コンピュータ 伊神賢人)

[日経クロステック 2021年8月23日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン