/

この記事は会員限定です

量子技術の「自国保有」重視 政府、国家戦略を改定へ

[有料会員限定]

政府は次世代の高速計算機、量子コンピューターをはじめとする量子技術の開発や導入に向けた国家戦略を改定する。優遇税制などを通じて関連産業を育成するとともに、安全保障上も重要な技術と位置づけ「自国で保有する」姿勢を明確にする。戦略を実行に移し、世界の開発競争を先導する米国と中国に対抗するハードルは高い。

24日の有識者会議で2020年に定めた「量子技術イノベーション戦略」の改定に向けた方向性をまとめ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン