/

VW日本法人、22年に量産EV投入 エンジン車でも攻勢

日経クロステック

独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人は21日に年頭会見を開き、2022年の導入計画を発表した。量産型の電気自転車(EV)「ID.ファミリー」を初投入する一方、主力モデルの「ゴルフ」など、エンジン車でも攻勢する。

国内投入する量産EVは、中型車「Cセグメント」の多目的スポーツ車(SUV)「ID.4」である。VWは脱炭素に向けた戦略「Way To ZERO」を展開しており、22年には国内にも同戦略を導入する。ID.4の投入はその第1弾との位置付け。

VWはこれまで、22年にID.ファミリーのEVを日本にも導入するとしていたが、具体的な車種は明かしていなかった。ID.4はVWの世界におけるEV販売をけん引するモデルで、21年は同社のEVとしては最も多い11万9600台を世界で販売した。日本の輸入車市場では、CセグメントのSUVが最も売れていることもあり、同モデルからの投入を決めたようだ。

電池容量が55キロワット時と77キロワット時の2種類を用意する。77キロワット時モデルの満充電での航続距離(WLTCモード)は522キロメートルである。125キロワットまでの直流急速充電器に対応する。

22年は、EV投入により脱炭素戦略を推し進めるが、ゴルフなどエンジン車の投入にも注力する。ワゴンタイプの「ゴルフヴァリアント」にディーゼル車の「TDI」を追加するほか、ハッチバックの「ゴルフ」と同ヴァリアントの走行性能などを高めた旗艦モデル「ゴルフR」「同Rヴァリアント」を発売する。

このほか、小型車「ポロ」や小型SUV「Tロック」の部分改良車を発売する。中型SUV「ティグアン」には、同社の4輪駆動(4WD)システム「4MOTION」を搭載したモデルを追加する。

(日経クロステック/日経Automotive 本多倖基)

[日経クロステック 2022年1月22日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン