/

この記事は会員限定です

宇宙ごみ除去のアストロスケール、故障の衛星を撤去へ

[有料会員限定]

宇宙ごみ(デブリ)除去サービスを開発するアストロスケールホールディングス(東京・墨田)は2024年までに、衛星を使ったデブリ除去サービスの実用化を目指すと発表した。不具合を起こした英スタートアップの通信衛星を撤去する。このほど英国宇宙局(UKSA)から、250万ポンド(4億円弱)の補助金を受け取った。

UKSAは、人工衛星を使った通信システムの構築を目指す欧州宇宙機関(ESA)の「サンライズ・プロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り445文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン