/

この記事は会員限定です

巨人とヤクルト、球場周辺の感染リスク分析 

[有料会員限定]

プロ野球の読売巨人軍とヤクルト球団、三井不動産などはこのほど、新型コロナウイルスに関する対策協議会を設立した。球場のある東京・後楽園や神宮外苑を対象に鉄道会社などと混雑状況を共有するほか、二酸化炭素(CO2)濃度を測定し感染リスクの低い人の流れを分析する。試合や鉄道の混雑情報を提供するアプリも検討しており、街全体で感染対策に力を入れる。

協議会は3社のほか、読売新聞社、東京ドーム、東京医科歯科大学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン