/

この記事は会員限定です

松竹がファンド設立 メタバースなど技術獲得へ新興投資

[有料会員限定]

松竹は仮想現実(VR)などの技術を持つスタートアップなどに投資するコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)を立ち上げた。歌舞伎などエンターテインメント事業のデジタル化を推進する。ソニーグループなどエンタメ企業によるスタートアップへの投資競争は過熱している。各社は自社のIP(知的財産)と新技術を組み合わせてVRなど新技術への対応を急ぐ。

松竹が立ち上げたCVC「松竹ベンチャーズ」(東京・中央)は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り924文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン