/

この記事は会員限定です

輸入鶏肉・豚肉が値上がり ウクライナ危機で供給不安

[有料会員限定]

輸入の鶏肉や豚肉の国内卸値がウクライナ危機の長期化を受けて上昇している。ウクライナ産の供給が滞るとの見方から他国産に代替需要が発生しているほか、欧州方面の物流混乱や円安も相場を押し上げた。需要期である春の行楽シーズンを控えて品薄懸念も広がっている。

国内の輸入鶏肉の7割を占めるブラジル産の卸値は、モモ肉(冷凍品)が3月下旬時点で1キロ385円前後と今月に入ってから2割上昇。約10年8カ月ぶりの高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り435文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン