/

この記事は会員限定です

日本製鉄、「売り手」も提訴 供給網にも知財紛争リスク

(更新) [有料会員限定]

ハイブリッド車など電動車に使う電磁鋼板の特許を巡り、日本製鉄トヨタ自動車などを相手取った訴訟の対象を、流通を担う三井物産にも広げた。原材料や部品の供給網(サプライチェーン)が世界的に広がり、商流に携わるあらゆる企業が知財紛争に巻き込まれるリスクが高まっている。企業は特許侵害の有無の点検や管理の強化が欠かせなくなってきた。

日本製鉄が問題にしているのは、電動車のモーターに使う「無方向性電磁鋼板」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン