/

この記事は会員限定です

JFEHD、事業売却などで900億円創出 今後4年間で

有利子負債圧縮など財務改善へ

[有料会員限定]

JFEホールディングス(HD)は2025年3月期までの中期経営計画で、事業売却などを通じて約900億円の資金を創出する方針だ。中計では約2000億円の現金を創出し負債圧縮を進める計画を掲げる。すでに表明している政策保有株式の売却などに加え、収益性の低い事業の売却にも踏み込む。今後、増大が見込まれる脱炭素投資を見据え、有利子負債の削減を進めて財務を改善する狙いだ。

JFEHDの柿木厚司社長が日本経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン