/

この記事は会員限定です

習近平氏の意地、訪日株の重荷 渡航規制と元の先安観で

[有料会員限定]

日本は訪日外国人(インバウンド)の受け入れ再開に舵(かじ)を切った。しかし、中心となる中国人の「爆買い」復活への期待は低い。中国政府の新型コロナウイルスの感染対策で観光客の戻りは当面先とみられるうえ、経済てこ入れを狙った利下げで円高・元安の兆しがみえるためだ。習近平政権の必達目標であろうゼロコロナと経済回復が、インバウンド関連株の重荷になっている。

日本政府が外国人観光客の受け入れ再開を正式表明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1317文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン