/

この記事は会員限定です

高い技術力でも破綻した部品会社 長期目線が欠落

「ロングターム・マネジメント」(3)

[有料会員限定]

短期目線から抜け出せないと、会社は衰退する。その実例として前回、高級宝飾品・腕時計の輸入販売会社で2016年10月に自己破産を申請して経営破綻した、平和堂貿易を挙げた。

もう1社、テラマチという会社の破綻事例を紹介する。

テラマチは建設機械・農業機械・工作機械に組み込むさまざまな部品を作っていた会社だ。愛媛県西条市という地方都市に広大な敷地を構え、そこに800台を超える生産機械を持っていた。ピー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3831文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン