/

この記事は会員限定です

発電時CO2、日本は先進国最多 石炭・石油廃止は不可避

脱炭素「46%」への難路

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日本政府が2030年度の温暖化ガス排出量を、13年度比で46%削減する目標を掲げた。発電部門は排出量の約4割を占め、欧米と比べると発電時により多くの二酸化炭素(CO2)を出している。火力、原子力、再生可能エネルギーという3つの電源構成の見直しが急務で、特に火力では石炭・石油の廃止が必要となる。

国際エネルギー機関(IEA)のデータによると、主要国の1キロワット時当たりのCO2排出量は日本が18年時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン