/

カヤック、カインズと資本業務提携

ゲームなどを手掛けるIT(情報技術)企業のカヤックは23日、ホームセンター最大手のカインズ(埼玉県本庄市)と資本業務提携すると発表した。カインズを割当先とする新株を発行する。カヤックの強みのデジタル技術などを活用して新たな顧客体験やプロモーション戦略、話題性のある商品開発などを展開し、両社の収益向上につなげる。

カヤックは、第三者割当増資を実施して約5億円を調達する。カインズは新株引き受けで発行済み株式数の4%弱を保有する。このほか、カヤックは潜在株式で130万株に相当する新株予約権を発行する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン