/

この記事は会員限定です

ホンダ、25年に自動運転レベル4実用化 難度は3の50倍

[有料会員限定]

自動車大手は自動運転が電気自動車(EV)と並ぶ次世代車の競争力の源泉になるとみて開発に力を入れている。

自動運転の「レベル3」は高速道路など一定の条件下で運転手が常に監視している必要はなく、システムが運転を担うが、非常時には運転手が対応しなければならない。「レベル4」は公道での運転も含めて非常時でもシステムが対応して危機を回避するため、レベル3に比べて超えなければならない技術的なハードルは格段に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り422文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン