/

この記事は会員限定です

「gmai.com」にメール誤送信、相次ぐ情報流出

(更新) [有料会員限定]
日経クロステック

メールを送ったはずなのに、先方から「届いていない」と言われたことはないだろうか。そのような場合、「ドッペルゲンガードメイン」に誤送信している可能性がある。特に、相手が米グーグルのメールサービス「Gmail」のアドレスならなおさらだ。「gmai.com」に吸い込まれている恐れがある。

2割以上が「メールの誤送信」

「メールの時代は終わった」などと以前からいわれているが、いまだに使い続けられているメー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン