/

ZHD、AI倫理の有識者会議を設置 活用の基本方針策定へ

Zホールディングス

ヤフーを傘下にもつZホールディングス(ZHD)は23日、人工知能(AI)の活用に関し、守るべき倫理面でのルールを検討する「AI倫理に関する有識者会議」を設置したと発表した。AIは人手不足の解消や利便性の向上をもたらす半面、差別的な評価などを下して人権侵害につながるリスクもある。AIの活用で不利益を生み出さないためのガバナンスのあり方などを議論し、グループの基本方針につなげる。

有識者会議は、法哲学などに詳しい慶応大学の大屋雄裕教授を委員長とし、ほかにAIや情報倫理に詳しい学者やZHDの慎ジュンホ取締役など5人の委員で構成する。22日に初回の会議を開いた。今後、年3回程度の議論を重ね、ZHDはグループとしてAI活用の基本的な考え方を示す「AI倫理基本方針(仮称)」を策定する。

ZHDは3月に経営統合したLINEと5年で5000億円をデータやAI(人工知能)に投資し、全てのサービスにAIを導入する計画などを公表している。国内外でAI倫理の議論が加速するなかで、自社でも「『AIテックカンパニー』として果たすべき役割を幅広い観点から議論する」(ZHD)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン