/

日本郵船、電気運搬船のスタートアップと提携

日本郵船は23日、洋上風力発電所でつくった電気を運ぶ電気運搬船を開発するスタートアップ、パワーエックス(東京・港)と資本業務提携を結んだと発表した。出資額は明らかにしていない。海運業界の脱炭素化や再生可能エネルギーの普及に向け、船舶用電池や電気運搬船などを開発し実証実験を進める。

両社は1月に協業に向けた覚書を締結しており、今後は両社が保有する技術やノウハウ、人的資源を活用する。パワーエックスは2024年に大規模なバッテリー製品工場を建設し、25年までに電気運搬船を設計、製造する目標を掲げている。

政府は30年までに原子力発電所10基分の出力に相当する1000万キロワット、40年までに最大4500万キロワットの洋上風力発電をつくる目標を掲げており、電気運搬船の需要の拡大が見込まれる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン