/

この記事は会員限定です

限定スニーカーの価格高騰 偽物排除へ2次流通市場も

[有料会員限定]

スニーカー人気が冷めない。米ナイキや独アディダスは有名人や高級ブランドとコラボした限定スニーカーを発売し、オンライン抽選などで購入しようとしても即完売の状態だ。個人間の2次流通に合わせた取引市場ができたことも手伝い、投機家のような人たちの参入もあり価格変動は大きくなりがちだ。

もともとは1万円前後で購入することができるスニーカーが、個人間の2次流通段階で高額化する一因となっているのは、StockX...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン