/

マツダ、半導体不足で国内工場を7月に一部停止

マツダは23日、国内の一部工場の稼働を7月に一時停止すると発表した。防府工場(山口県防府市)の一部ラインの稼働を10日間止める。同社が半導体不足で工場の稼働を停止するのは国内外で初めて。

マツダは半導体不足で一部工場の生産を停止する

稼働停止するラインでは、小型の多目的スポーツ車(SUV)「CX-3」や、小型車「マツダ2」「マツダ3」を生産している。マツダは5月の決算会見で、半導体不足による2022年3月期への影響を7万台と見込んでおり、今回の減産分はその中に含まれる。

7月は国内自動車の工場停止が相次ぐ。日産自動車は国内3工場を対象に最大3日間稼働を停止する。ダイハツ工業も国内の一部工場で2日間稼働を止める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン