/

この記事は会員限定です

「今のうち消費」百貨店など回復 オミクロン型警戒

[有料会員限定]

年末年始商戦の本番を迎え、個人消費の伸びに勢いが出てきている。百貨店では巣ごもりの反動で高額な衣料などの売れ行きが好調で、高級レストランでも予約件数が新型コロナウイルス前の水準だ。新たな変異型「オミクロン型」の市中感染も確認され、今のうちに消費しようという心理も働いている。

12月1~15日の全国百貨店売上高は前年同期比約15%増で、伸び率は11月(8.1%増)を大きく上回った。経済再開を受けて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン