/

この記事は会員限定です

コロナ以外の感染症、届け出減 インフルなど今後増加も

コロナと病④ 四柳宏・日本感染症学会理事長

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)では、インフルエンザなど他の感染症の流行が抑えられている。新型コロナの感染対策が効果を挙げた面もあるが、世界的に人の往来が増えれば再び流行する懸念はある。日本感染症学会理事長の四柳宏・東京大学教授に、他の感染症の現状と今後の見通しを聞いた。

国内で新型コロナの流行が始まった2020年以降、新型コロナ以外の多くの感染症の報告が減っている。国立感染症研...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2040文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン