/

この記事は会員限定です

富士通、隗より始めるDX 営業利益率10%公約の勝算

水口二季

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

富士通がIT(情報技術)企業からデジタルトランスフォーメーション(DX)企業への転身を掲げた。株式市場に不退転の覚悟として示したのが、2023年3月期にDXサービスなどを担う主力事業を「営業利益率10%」にする公約だ。21年3月期の営業利益率は6.2%だっただけに、デジタル企業として自らを変革できなければ、公約は実現できない。

主力の「テクノロジーソリューション」事業は、連結売上高の約85%、営業利益の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン