/

この記事は会員限定です

日産、EV部品開発費を補償 メーカーつなぎ留め

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日産自動車が電気自動車(EV)を共同開発する際に、部品メーカーに費用の一定額を補償する制度を年内に始める。受注を逃したり開発が延期されたときに費用負担する。海外自動車メーカーの共同開発で補償制度は広く採用されているが、国内では異例だ。新興勢がEVで攻勢をかける中、既存の自動車メーカーが部品会社との協業を深め品質や性能を磨く。

日産は新たに「アライアンスストラテジックパートナー(ASP)」と名付けた枠組みを作...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り515文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン