/

ANA、10月に国際線4285便を減便 運航縮小を継続

全日本空輸(ANA)は23日、10月に国際線の4285便を減便すると発表した。減便数は9月(4294便)と比べて、ほぼ横ばいとする。新型コロナウイルスワクチンの接種が始まり国内では観光需要などが上向きつつある一方、変異ウイルスの感染拡大などで世界的な往来の再開は遅れるとみており、運航規模の大幅な縮小を続ける。

10月の運航率(2020年度事業計画比)は20%。7~9月の運航率も20%前後で推移する見通しとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン