/

この記事は会員限定です

テスラ、財務優等生に急変身

秦野貫

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米電気自動車(EV)大手、テスラの財務が急改善している。2020年12月末の自己資本比率は42.6%と5年前に比べて30ポイント近く上昇し、かつて資金難にあえいだのがうそのようだ。EV販売が大幅に伸びているほか、株高を生かし公募増資を実施したのが奏功している。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の強気の投資計画を支えている。

「テスラの財務リスクは低下している」。米アリックス・パートナーズのマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1609文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン