/

20年度の通販市場、2割増の10兆円 巣ごもり需要で

日本通信販売協会(東京・中央)は2020年度の通信販売の国内市場規模(速報値)が前年度比20.1%増の10兆6300億円だったと発表した。22年連続の増加となり、調査を始めた1982年度以来初めて伸び率が2割を超えた。新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり需要を追い風に、家電や家具などの通販が好調だった。

衣料品や雑貨など物販の売上高を主に集計した。同協会が会員企業434社に実施した売上高の調査結果に加え、非会員企業386社のデータをもとに算出した。過去10年間の平均の成長率は8.7%で、20年度の20.1%は特に高い伸び率となった。家電や家具のほか、食品なども好調に推移した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン