/

この記事は会員限定です

空飛ぶ乗り物「eVTOL」、電動で少人数・都市間移動

Techワード

[有料会員限定]

車やヘリコプターに代わる新たな移動手段として電動垂直離着陸機「eVTOL」の研究開発が熱を帯びる。米国の関連団体によれば8月の時点で700を超える試験機体が登録されている。実用化には、蓄電池の容量向上などの技術開発や制度整備が求められる。

eVTOLは「イーブイトール」と読み、電動で垂直に離着陸できる乗り物を指す。飛行機などよりも低い高度数百メートル程度を飛び、荷物運搬のほか都市間や離島への人の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り922文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません