/

この記事は会員限定です

円形脱毛症の新薬、日米で承認 重症患者3割に効果

米イーライ・リリー、米国初の飲み薬

(更新) [有料会員限定]

世界に1億人以上の発症者がいるとされる「円形脱毛症」で新たな治療法が登場した。米イーライ・リリーの治療薬候補が6月、日米で承認された。円形脱毛症の飲み薬として日本では約30年ぶり、米国で最初の新薬となる。異常な免疫反応による毛根への攻撃を抑える作用の治療薬は初めてで、重症患者の3割超に効果があった。ほかの製薬大手も開発を進め、治療の幅と市場が広がる。

「8年以上の治療で効果のなかった患者が発毛し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン