/

この記事は会員限定です

わずかな血液でがん変異判断 新技術が投資呼び込む

[有料会員限定]

わずかな患者の血液を調べるだけで、がんの変異や発症のリスクをすぐに特定できる――。そんな次世代技術が医療の現場を変革する可能性が出てきた。血液などの体液をもとに病気の診断をする手法は「リキッドバイオプシー」と呼ばれ、一部用途では国内での利用が始まった。先行する海外企業へ投資マネーが流入する動きも出はじめており、今後、市場の関心が高まりそうだ。

国内勢は中外製薬が先行

「(患者ごとに最適な治療を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン