/

この記事は会員限定です

Jパワーや東電の株主総会 問われる脱炭素の実現力

[有料会員限定]

電力大手が気候変動対策の実行力を問われている。Jパワー東京電力ホールディングス(HD)、中部電力は28日にそれぞれ開いた定時株主総会で、脱炭素に関する情報開示を求める株主提案を受けた。いずれも否決されたが、投資家の関心は単なる数値目標でなく、それをいかに実現するかという観点に及び始めた。

「企業価値の向上には、エネルギーの安定供給と気候変動対策を両立する必要がある」。Jパワーの渡部肇史社長は東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り990文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン