/

この記事は会員限定です

新興ブランド米、価格戦略に変化 新之助が投じた一石

[有料会員限定]

2021年産の新米出荷が始まり、主要銘柄の価格は20年産に続いて下落する見通しとなっている。各地のJAグループが生産者からコメを集める際に支払う集荷価格(概算金)は、主要産地でおおむね2~3割下がり、農家の収入増の期待を背負った新興ブランド米も例外ではない。その中にあって、新潟県の「新之助」の概算金が前年から据え置きとなり注目を集めている。飽和状態に陥る新興ブランド米市場で、生き残りをかけた価格戦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1580文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン