/

この記事は会員限定です

メルク製コロナ飲み薬の承認審議 治療どう変わる

[有料会員限定]

米製薬大手メルクが開発する新型コロナウイルスの飲み薬「モルヌピラビル」について、厚生労働省の専門部会は24日午後、承認の可否を審議する。既に英国と米国では使用が認められており、日本政府は約160万回分の供給契約を結んでいる。岸田文雄首相は今週末から全国の配送を始めると表明した。新薬の登場でコロナ医療はどう変わるのか、3つのポイントから読み解いた。

どのような効果がある?
海外ではどう使われている?
課題やリスクは?...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの意味や背景を理解するためのポイントをいちからわかりやすく解説し、その後の展開を見通します。欧米メディアでは「エクスプレイナー」と呼ばれる解説コンテンツです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン