/

中古マンション0.2%高 5月首都圏、価格上昇に一服感

東京カンテイ(東京・品川)がまとめた5月の首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の中古マンション平均希望売り出し価格(70平方メートル換算)は、前月に比べ11万円(0.2%)高い4699万円だった。13カ月連続の値上がりとなったが、上昇率は縮小傾向にあり、価格高騰に一服感が出始めている。

東京23区は同4万円(0.1%)上昇とほぼ横ばいの6799万円だった。在庫数が増え、4月以降は上値が重くなっている。直近3カ月間で値下げした住戸の割合を指す価格改定シェアは、前年同月比で1割ほど高い4割前後で推移している。

周辺部では埼玉県が2899万円と前月に比べて42万円(1.5%)、千葉県が2494万円と同31万円(1.3%)上昇した。神奈川県は3452万円と同8万円(0.2%)下がった。

前年同月比でみると、1都3県の中古マンション価格の上昇率はいずれも1割を上回っている。東京カンテイの高橋雅之主任研究員は「急激な価格上昇で成約数が伸び悩んでおり、一部のエリアで販売価格を引き下げる動きが加速する可能性がある」と分析する。

近畿圏は前月比13万円(0.5%)高い2785万円と、4カ月連続で値上がりした。中部圏は2198万円と同34万円(1.6%)上昇した。愛知県は同36万円(1.6%)高い2336万円と、年初来の最高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン